1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. 感染症に気をつけましょう

くらし

感染症に気をつけましょう

 インフルエンザは、「インフルエンザウイルス」によって起こる感染症で、例年11月から3月にかけて流行します。インフルエンザは、高齢者や小児、免疫力が低下している人がかかると重症化する恐れがあります。感染しない、感染させないためにも日ごろからしっかりと手を洗い、咳エチケットやマスクの着用を心がけましょう。

 また、インフルエンザワクチンは、重症化を防ぐことができるので、ワクチン接種を受けましょう。65歳以上と中学生以下の小児へ町で予防接種の助成をしております。インフルエンザについては、下記より厚生労働省のホームページをご覧ください。

インフルエンザ(総合ページ)

 

 ノロウイルスもまた、乳幼児から高齢者まで、幅広い年齢層で感染症の急性胃腸炎を引き起こします。主に冬場に多発し、12月ごろにピークを迎えます。感染ルートは、経口感染・接触感染・飛沫感染など複数あり、その感染力はとても強い特徴があります。ノロウイルスによる感染性胃腸炎が急増するシーズンに備えるための対策等を下記より厚生労働省のホームページでご覧になれます。感染対策をしっかり行い、冬の感染症に気をつけましょう。

感染性胃腸炎(特にノロウイルス)について

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康保険課 健康増進グループです。

常北保健福祉センター内 〒311-4303 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428-1

電話番号:029-240-6550 ファックス番号:029-240-6466

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

城里町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る