1. ホーム>
  2. 行政>
  3. 城里町でモンゴル国空手選手団の事前キャンプが行われます!

行政

城里町でモンゴル国空手選手団の事前キャンプが行われます!

『モンゴル1』の画像
ダンバダルジャー大使閣下来庁時

 城里町は、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、モンゴル国との相互交流を図るため、平成30年2月に第6次ホストタウンに申請し登録されました。
 その後、モンゴル国空手連盟と空手競技の事前キャンプ実施に向け協議を重ね、平成31年3月26日(火)に基本合意書(MOU)に調印し、茨城県に視察に訪れたモンゴル国特命全権大使(ダンバダルジャー大使閣下)へ手交いたしました。

今後、城里町では、モンゴル国空手選手の受け入れの準備を進めていくとともに、これを契機にした交流を進め、選手の応援や大会の盛り上げに取り組んでまいります。

基本合意書の概要
・モンゴル国空手連盟は、東京2020大会に出場(出場予定)する選手の事前キャンプを城里町において実施する。

・城里町は、モンゴル国空手連盟の事前キャンプをおもてなしの心で迎え入れる。
・モンゴル国空手連盟は、事前キャンプに必要な情報を町に提供すること。
・モンゴル国空手連盟は、キャンプ期間中、町との交流プログラムに出来る限り参加すること。
・城里町は、事前キャンプの実施にあたり、必要な施設及び練習環境の提供について調整をすること。滞在中に行う交流プログラムについて、調整し実施すること。
・城里町は、事前キャンプに必要な経費(日本国内で要する経費に限る。)を負担する。負担内容については、別途協議し、確認書を締結する。
・東京2020大会による交流を契機として、スポーツ及び文化等の交流を推進する。

事前キャンプ実施に関する確認書を締結しました
『モンゴル2』の画像『モンゴル3』の画像
左からバタル会長、上遠野町長            右端はチンゾリグ理事
 令和元年8月16日(金)、モンゴル国空手連盟ゴンボドルジ・バタル会長と同連盟のナムスライ・チンゾリグ理事が城里町を訪れ、3月26日に締結した基本合意書に基づく事前キャンプの実施について、より具体的な内容を上遠野町長と協議しました。協議の結果、確認した主な事項は次のとおりです。

・キャンプの期間は7泊8日。チーム代表、コーチ、選手含め6人で実施する。
・具体的期日は、候補日を挙げ、双方同意の上決定する。
・七会町民センター体育館を拠点に事前キャンプを行う。
・高等学校の空手道部に出向いて合同練習も行う。
・町でモンゴル国の空手に精通する指導者を手配する。
なお、令和元年度は11月17日(日)から24日(日)の7泊8日で行います。 

オリンピックの空手ってどんな競技?
空手競技は、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会で新しく種目に加わることになった競技の一つです。

男女とも形、組手(3階級)の4種目に各10人(全80人)が出場します。
男子形、男子組手 67キログラム級、75キログラム級、75キログラム超級
女子形、男子組手 55キログラム級、61キログラム級、61キログラム超級

事前キャンプとは
 事前キャンプは、各国のオリンピック委員会・パラリンピック委員会が、大会期間前の代表選手のコンディション調整等のために任意で実施するトレーニング合宿です。
 城里町は、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に参加する選手がベストを尽くせる環境を提供することで、町の魅力発信やキャンプ国との交流等による地域の活性化を目指しています。
 事前キャンプ期間中は、場合によっては施設の利用を一部制限するなど、利用者のみなさまにご不便をおかけすることがあるかもしれませんが、ご理解とご協力をお願いいたします。
 現在、令和元年度の事前キャンプ期間中の交流事業等を検討しています。交流事業は決まり次第公開します。
 モンゴル国空手選手団の城里町での事前キャンプが、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けての躍進につながることを期待します。

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり戦略課です。

役場本庁舎2F 〒311-4391 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428-25

電話番号:029-288-3111(代) ファックス番号:029-288-3113

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

城里町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る