災害版

被災された方へ ~住宅の応急修理制度について~

台風19号に被災された方の住宅を対象に、下記のとおり応急修理制度をご案内します。
詳細については、下記の問い合わせ先までご相談ください。

 

応急修理制度を活用できるのは?

(1)自宅が「半壊」または「大規模半壊」と判定を受けた方
 ■災害により、半壊(※)または大規模半壊の住家被害を受け、
  そのまま住むことができない状態にある方。
 ■全壊の場合は修理を行うことができない被害を受けているため、
  原則、応急修理の対象にはなりません。
※半壊の場合、自らの資力で修理できない方が対象です。

(2)応急修理を行うことにより帰宅が可能となること
 ■対象者が応急修理により居住が可能となること。

(3)応急仮設住宅を利用していないこと
 ■住宅の応急修理を重複して、応急仮設住宅(民間賃貸住宅含む)を利用することはできません。

 

応急修理とは?

(1)応急修理の範囲

日常生活に必要で、緊急に応急修理を行う必要のある箇所が対象です。

【工事例】
■壊れた屋根の補修  ■傾いた柱の家起こし  ■破損した柱梁などの構造部分の取替
■壊れた床・外壁・基礎・戸・窓の補修  ■壊れた給排気設備の取替
■上下水道配管の水漏れ部分の補修  ■電気・ガス・電話等の配管の配線の補修
■壊れた便器・浴槽等の衛生設備の取替

住宅被害に関する住宅リフォーム事業者については、こちらをご覧ください。
なお、住宅リフォーム事業者は町内外等の指定はありません。

(2)基本的な考え方

応急修理の箇所や方法等の基本的な考え方は、以下のとおりです。

■台風の被害と直接関係ある修理のみが対象です。
■内装に関するものは、原則として対象外です。
■修理の方法は柱の応急修理が不可能な場合は、壁を新設するなど代替措置も可能です。
■家電製品は対象外です。

 

金額は?

(1)限度額 1世帯あたり595、000円以内
 ■1つの住宅に2世帯以上の世帯が居住している場合も同額です。
 ■限度額を超える部分については、申請された方の負担となります。

(2)借家の場合の取扱い
 借家の場合でも、所有者が修理を行うことができない場合には、
所有者の同意を得て応急修理を行うことができます。

 

応急修理工事の完了期限は?

令和2年 1月 11日(土)
※ただし、災害救助法の適用期間が延長されたらそれに準じる。

適用期間が延長されたら、随時このページにて掲載します。

 

お問い合わせ・手続きについて

(1)問合せ先
 城里町役場 都市建設課 Tel.029-288-3111(内線279)

(2)手続きの流れ
 応急修理は修理費用が補てんされてる制度ではなく、市町村と修理業者が契約を行ったうえで
提供されるものです。
 このため、被災された方が修理業者に直接費用を支払ってしまった場合には、対象とはなりま
せんのでご注意ください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市建設課です。

城里町役場本庁舎 2階 〒311-4391 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428-25

電話番号:029-288-3111(代) ファックス番号:029-288-2113

メールでのお問い合わせはこちら