1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. 台風の接近・通過による農作物等の被害防止について

くらし

台風の接近・通過による農作物等の被害防止について

台風の接近・通過による農作物等の被害防止に向けて

 

 台風13号が接近・通過が懸念されます。以下のことに十分留意して、被害防止に努めましょう。

 

【普通作】

 ○水 稲  <事前対策> 排水路の詰り等がないか点検しておく

        <事後対策> 冠水した圃場では、一刻も早く退水措置を講じ、稲体を水面上に露出。

              水田に入った水は速やかに排水し、その後は間断かんがいを励行

 

 ○大 豆  <事前対策> 圃場の明きょ・排水溝を点検し、速やかに排水されるようにする

       <事後対策> 速やかな排水に努める。

              浸水により茎疫病等の発生が懸念されるので、防除対策に努める。

 

【野 菜・花 き】

 ○施  設 <事前対策> ハウス周囲に排水溝を設けて施設内への水の浸入を防ぐ

              ハウスバンドや被覆フィルムの取り付け金具等の緩みを確認する

              被覆資材の破損がある場合は、テープ等で補修しておく。

              換気扇等のあるハウスは、密閉して運転し、施設内に負圧をかける。

              燃料タンクは、転倒しないように安定性の確認を行う。

       <事後対策> ハウス内外の排水を図り、喚気を行い、湿度の低下に努める。

              浸水の場合、草勢回復のために、液肥の葉面散布を行う。

              病害虫の発生が懸念される場合は、必要に応じて薬剤防除。

              高温による萎凋、傷みを軽減するため、遮光ネットにより日射を抑制する。

 

 ○露  地 <事前対策> 圃場周囲の排水路を確保する。

              果菜類では、不要な葉や茎を摘除して風圧を小さくする

       <事後対策> 茎葉に付着した泥を洗い流し、損傷した茎葉を取り除く。

              早めに中耕、培土を行い、発根を促し草勢の回復を図る。

              細菌病等の発生が懸念されるため、収穫前日数に注意して薬剤散布を実施する。

   *露地キク* 倒伏したものは、速やかに起こし茎の曲りを極力抑える。

          出荷するするものについては、選別を徹底する

 

【果 樹】  <事前対策> 支柱やネットの強度を確認し、弱い部分は補強する。

              立木栽培では、しっかりとした支柱を立てて結束し、枝折れや倒伏を防止する。

       <事後対策> 浸水や滞水した圃場は、明きょを掘り、速やかな排水に努める。

              樹の損傷部位(折損)を剪定し、切り口を塗布剤で保護する。

              枝葉の損傷等により病害の発生が懸念されるので、収穫前日数に注意して薬剤散布を行う。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業政策課です。

役場本庁舎 2F 〒311-4391 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428-25

電話番号:029-288-3111(代) ファックス番号:029-288-2113

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

城里町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る