1. ホーム>
  2. 町長日記>
  3. 【町長日記】 4/14 桂雛を町指定無形文化財に認定

町長日記

【町長日記】 4/14 桂雛を町指定無形文化財に認定

城里町阿波山で雛人形の制作に取り組んでいる「有限会社桂雛」代表取締役の小佐畑孝雄さんを、3月30日付けで城里町指定無形文化財保有者に認定し、4月14日(火)に町長室で認定証の交付式を行いました。町には、合併以前から引き継いだ43種類の町指定文化財がありますが、城里町誕生後の認定は初となります。また、雛人形の製作技術を無形文化財に指定するのは県内初となります。

有限会社桂雛は、初代の(故)小佐畑喜士さん(孝雄さんの祖父)が、水戸市内の人形店で修業後、昭和12年に小佐畑人形店と名乗り、現在の地に開業。約80年にわたり、伝統の技法を守りながら、ひとつひとつ手作りで雛人形の製作を行っています。また、有限会社桂雛が製作した「桂の雛人形」は、平成13年に茨城県より郷土工芸品に認定され、昨年橋本昌茨城県知事がベトナムを訪問した際に、ベトナムのチュオン・タン・サン国家主席に茨城県を代表する土産として贈られています。

小林教育長より認定書の交付を受けた小佐畑さんは、「認定に胡坐(あぐら)をかくことなくいろいろなものにチャレンジしながら、工芸の魅力をさらに発信していきたい」と話していました。

 桂雛 無形文化財
▲「有限会社桂雛」代表取締役小佐畑孝雄さん(写真中央)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり戦略課 秘書広報広聴グループです。

役場本庁舎2F 〒311-4391 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428-25

電話番号:029-288-3111(代) ファックス番号:029-288-3113

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

城里町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る