1. ホーム>
  2. ビジネス>
  3. 産業>
  4. 伐採及び伐採後の造林の届出制度

ビジネス

伐採及び伐採後の造林の届出制度

森林を伐採するときには

森林の立木や平地林を伐採するときには、事前に伐採届を町に提出する必要があります。

伐採届は森林法第10条の8に規定されているもので、県の定める地域森林計画に含まれる森林が対象となります。

ただし、1ヘクタールを超える森林の開発を行う場合は、別に県知事の許可を受ける必要があります(森林開発許可制度)。

 

なぜ伐採届は必要なの?

私たちの生活になくてはならない貴重な財産である森林を無秩序に伐採することは、森林の多様な機能を損なうだけでなく、山崩れ等の土砂災害の誘因ともなり、私たちの生活に多大な影響を及ぼします。また、森林の機能の回復には長い年月と多大な経費が必要となります。

このため森林法では、立林の伐採に対し届け出を義務づけることで、森林所有者の責務を明確にしているのです。

 

伐採届の提出方法

◆届出が必要な方

 森林所有者または立林を買い受ける方

◆伐採届の提出期間

伐採を始める日の90日から30日前までの期間です。

◆届出の提出先

 城里町役場 農業政策課(伐採する森林のある市町村へ提出)

◆届出用紙            

 届出用紙につきましては農業政策課にあります。

 もしくは関連ファイルからもタウンロードできますのでご利用ください。

◆添付書類(伐採届に添付する書類)

 ・伐採する場所の位置図

 ・伐採する土地の面積がわかるもの

 

伐採届を提出しないと

無届伐採等の違反行為があった場合、行政指導、命令処分が課せられることがあります。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業政策課 農林畜産グループです。

役場本庁舎2F 〒311-4391 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428-25

電話番号:029-288-3111(代) ファックス番号:029-288-2113

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る