くらし

水害に備えて

普段の心がけ

災害から身を守っていくためには、一人ひとりが災害に対して関心を持ち、いざという時に備えて日頃から準備をしていることが大切です。私たちにできることからはじめましょう。

  1. 家族との話し合い
    家族全員で避難時の心構えや役割を話し合い、避難の場所や経路を決めておきましょう。
    浸水想定マップ(PDF形式/3.9MB)内の避難経路等は一例ですので高い所へ避難してください。)
  2. 浸水対策として
    雨水の逃げ道を確保するために排水溝なども清掃しておきましょう。
  3. 避難場所を確かめておく
    浸水実績図や地域の広報・案内板などにより、避難場所の確認をしておきましょう。避難するルートもあらかじめ確認しておきましょう。

もし洪水がおきたら~避難時の心構え

  1. 町や消防(水防)の避難勧告、避難指示には速やかに従う。
    川の増水などは短時間のうちに一気に危ない状態になります。避難指示が出るということは、もう相当危ない状態になっているということで、無視をしていたのでは命にかかわる被害を出しかねません。避難指示などには速やかに従いましょう。
  2. 避難するときは、みんなと一緒に行動する。
    単独で避難することは非常に危険です。川に流されてしまったり、ケガをしてしまったとき、助けがやってくるまでに長い時間がかかり、命にかかわる惨事を招きかねません。緊急時に移動する際には、何人かまとまって行動するように心がけましょう。
  3. 持ち出す荷物はなるべく少なく、身軽に動けることを優先する。
    荷物を多く持ち出していると行動力が鈍り、逃げられなくなってしまうことがあります。必要なものだけ持ち出し、機敏に行動できるような体勢で避難しましょう。
  4. お年寄りや子供を優先し、落ち着いて行動する。
    避難するときあわてて行動すると、お年寄りや小さな子供など力の弱い人が危険になるケースが少なくありません。水防機関などの指示に従って落ち着いて行動しましょう。

雨量・水位情報

雨量や水位の最新情報を24時間提供しています。

災害等非常時テレフォンサービス

  • NTTテレフォンサービス
    市外局番+(177)
    通常、NTTの117番は天気予報を提供していますが、気象庁から注意報、警報が発表されますと、臨時に注意・警戒事項が提供されます。

非常時には1時間おきに情報を流しています。

  • NHK>ラジオ・総合
    594KHz・第一(AMラジオ)
    83.2MHz・水戸(FMラジオ)
  • 茨城放送水戸局
    1197KHz(AMラジオ)
    94.6MHz(FMラジオ)

水位・雨量などの河川情報は、下記のアドレスからインターネットでご覧いただけます。

洪水予報を発表する基準となる水位

城里町 浸水想定マップ

利用にあたって注意していただきたいこと

  • この浸水想定区域は、現在の那珂川及びその支川の藤井川の河道整備状況、洪水調整施設の状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こる大雨が降ったことにより、那珂川及びその支川の藤井川が氾濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。
  • このシミュレーションの実施にあたっては、藤井川以外の支川の氾濫、想定を超える降雨、内水(雨水が河川に排水できなくなり生じる浸水被害)による氾濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の侵水深と異なる場合があります。
  • 指定の前提となる降雨  那珂川上流域2日雨量 300mm
  • 水害時には、状況に応じて避難勧告や避難指示が出されますが、危険を感じたら細心の注意をはらい、早めに自主的な避難を開始してください。
  • 川の様子や土地利用、堤防の整備状況により、水に浸かる範囲や深さは変わることがあります。

>> 城里町の避難所情報はこちら

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 地域防災室です。

役場本庁舎2F 〒311-4391 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428-25

電話番号:029-288-3111(代) ファックス番号:029-288-3113

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る