文化財・資料館

悪路王面形彫刻

悪路王面形彫刻
指定区分:
町指定文化財:彫刻
所在地:
高久
管理者:
鹿島神社
大きさ等:
像高:50cm
年代等:

延暦年間(782年~806年)

指定年月日:
昭和48年1月20日






※鹿島神社の社宝として伝わる。延暦年間坂上田村麻呂が北征の折、下野達谷窟で賊将悪路王(阿弖流為)を誅し凱旋の途中この地を過ぎ捕らえてきた首級を納めた。首はミイラになったが、次第に傷みがひどくなったので、これを模して木製の首をつくったのが悪路王(阿弖流為)の面形彫刻といわれるものである。

 文化財は,歴史,学術などの見地から貴重な価値をもち,保存を要する有形・無形の遺産です。
 神社や仏閣の建物や仏像などは,信仰の対象として大切に祀られています。
 また,個人の宅地内で守られているものもあります。

【注意事項】
 拝観の際は,管理されている方の許可を得て,その指示に従って下さい。
 また,周辺の草木をいためないよう気をつけ,ごみは持ち帰るなど,十分に配慮してお出かけください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育委員会事務局です。

〒311-4303 茨城県東茨城郡城里町大字石塚1428‐1 コミュニティセンター城里3階

電話番号:029-288-7010 ファックス番号:029-288-7006

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る